お役立ち情報

仕事効率化ツール、おすすめはこれ1つでOK!(windows,Mac両方可)

GoogleIMEの辞書変換は素晴らしいという画像タイトル

仕事、サボってますか?

経営陣が見たらなんて思うか・・・・攻め気味のタイトルですみません。

でもこれだけは分かって欲しい。仕事の効率を上げて余裕時間を増やしているだけだということを。

という事で事務職(初心者)向け、超絶!効率アップツールを紹介します。

 

効率アップツールはこれだ!!

Google IME 辞書~~!!!!(効果音つき)

えっ・・・・既に入れてます・・・という人もすこしだけお付き合いください。きっと役に立つはずですから。

何故 いまさら辞書ツール?

一口に事務職といえど、多くの部門があります。

事務経理、総務、管理部門、生産部門、物流部門、マーケット部門、品質部門・・・など、あげたらキリがありません。

その中で最も仕事の割合が多い重要な作業、文字の打ち込み(キータイプ)

世の中にはデスクトップの画面を仮想的に増やしたりコピーアンドペーストを2つ以上保持できたりなど、数え切れないぐらいいろんな便利ツールがあります。

ですが・・・一般ユーザーがそれを使いこなすのは至難の業です。習得に時間もかからず、初心者でも手っ取り早く効率アップする方法が必要です。

 
そこで、無料かつ導入も簡単、作業を大幅にラクにするために必要なツールが、このGoogle IME!!(ぐーぐるあいえむいー)というワケです。

多分この記事を見てる4人に1人はおそらく導入済みでしょう。でも・・・使いこなせてますか?





Google IME を導入するとどう変わる?

単純にキータイピングの効率(=仕事の効率)が上がります

最近では小・中学生もパソコンに触れる機会が増え、ブラインドタッチ(キーボードを見ないで入力)が出来る人も多いです。ですが、全員がそういうワケではありません。焦らずいきましょう。

まずは機能を紹介します。それで興味があれば導入してみませんか

よく使う(であろう)機能から順番に紹介していきます。

 

【機能1】予測変換が優秀

例えば「絶体絶命都市ぜったいぜつめいとし」と打ちたい時、どうタイピングしますか。

 
「ぜったいぜつめいとし」と打って変換ですか?

「ぜったい」で変換して、「ぜつめい」で変換して、「とし」で変換、ですか?

 
GoogleI IME なら、「ぜったいぜ」まで打つだけで「絶体絶命都市」が表示されます。

いろんなユーザーから吸い上げた変換実績を学習し、候補を予測して表示してくれている凄い凄~~~いツールなんです。

他にも、例えば「ふぁいなるf」と打つだけで表示される「ファイナルファンタジー」や

「どらごんk」と打つだけで候補に出てくる「ドラゴンクエスト」など。

 
と、ココまで読んで

全然仕事に使えないじゃん!!と思うかも知れません。・・・いやいや、仕事でも大いに使える変換がありますよ。

 
変換を記憶してくれるので「ありがとうご」と打って「有難うございました」を一度使うと、次から「あ」で「有難うございました」が表示されます

「あ」一文字の変換で「有難うございました」を打つことができます。これを時間短縮と言わずしてなんと言うか

同様に、「株式会社」などもいちど変換しておくと「か」で変換出来てしまうのです。恐ろしい機能!!

予測変換を使いこなすことで、お仕事のみならずプライベートでも効率よくタイピング出来ること間違いなしですね!





【機能2】辞書登録が簡単

一括で辞書登録が出来ます!どんな内容かと言うと・・・・

例えば、私のブログ「ニャンドット!」のURLアドレスを表示したい時に、わざわざ手打ちで「https://nyan・・・・」と打つのは非常に面倒くさいです。

それを、「にゃんどっと」を変換すると「https://nyankazu.com/」が出てくるようにする機能です。

 
お仕事においては、会社名や変換しにくい名前の方、メールでよく使う文章などを登録しておくと物凄く便利です。

こん」→「こんにちは!」
いつも」→「いつもお世話になっております◯◯です。」
こんごも」→「今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。」
ごふめい」→「ご不明な点等ございましたらご連絡ください。 」
おいそがし」→「お忙しいなか大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します。」

こうして、心のこもっていない機械的なメールが完成します。(登録方法は下の方に説明があります)

 
余談。

ところで、日本一長い会社名をご存知ですか?

株式会社あなたの幸せが私の幸せ世の為人の為人類幸福繋がり創造即ち我らの使命なり今まさに変革の時ここに熱き魂と愛と情鉄の勇気と利他の精神を持つ者が結集せり日々感謝喜び笑顔繋がりを確かな一歩とし地球の永続を約束する公益の志溢れる我らの足跡に歴史の花が咲くいざゆかん浪漫輝く航海へ

というらしいんですが、これも「にほんいちながいかいしゃめい」で登録しておけばラクラクです。


ちゃんと出ましたね!これにて一件落着です。(長すぎて右半分切り捨てました)

変換はスペースキーではなくTabキーで行わなければいけません。慣れるまでは少し大変。

 

【機能3】日付・住所が一瞬で分かる

変換が大変優秀なので、「きょう」や「あした」と入力すると日付が候補に出てきます。

今日は 2018年7月9日 です。

「きょう」

「あした」

もはやカレンダー要らずです。わざわざタイピングしなくても済むので、時間短縮にもなります。

 
また、郵便番号を入力すると変換候補に出てきます。例えば宮内庁や、

羽田空港など、

特にお仕事では郵便番号をよく使用するのではないでしょうか。この機能は使う人・使わない人がはっきり分かれる気もしますが、使う人にとっては便利なことこの上ありません

こっそり自分の住まいの住所を変換してみたら、ちゃんと出てきます。ビックリです。





【機能4】すぐに計算が出来る

これもまた変換が優秀なため、出来るワザです。

「2+2=」と入力すると、計算結果の「4」が変換候補に表示されます。

わざわざ電卓を使う必要がなくなるので、これまた便利な機能なんです。四則演算(+、-、×、÷)と、指数計算(^)が出来ます。

5の3乗は「5^3=」です。割り算は(・)点でできます。

Excelを使ってたら計算式を入れたりしますが、Wordでいざ数値計算しようと思っても電卓を叩くしかありません。少数を扱う時なんかは便利ですね。

ですが、Gooogle IMEを使えばその苦労も不要になります。ですが、長い式は無理なので精々3つぐらいです。

 

まだまだ便利機能が沢山!!

変換機能が優秀なので(また言う)、「zk」と入力したら「↑」が出たり「z。」と入力したら「…」が出たりと、他にも機能は沢山あります。

一つ一つ説明していたら1ヶ月ほどかかりますので、特に重要な機能だけ紹介させてもらいました。

スマホではATOKやShimejiを使っている人が多いかも知れませんが、パソコンはGoogle IME 一択と感じます

是非興味があれば導入してみてください。(作業は3分もあれば終わります)

 

導入方法(インストール)

検索画面で「Google IME」と入力して、検索。

一番上に「Google 日本語入力」が出てくるので、クリックして進みます。

「インストールが完了しました」と出たら終わりです。

こんな漢字の青いアイコンがついてたら成功です。失敗はありません。

 

とってもかんたん!辞書登録

辞書登録画面を出して、順番に登録していきます。

Google IME インストール後、ツールバー(アイコンが並んでるやつ)の「A」もしくは「あ」の部分を右クリックします。すると、「辞書ツール」がありますのでクリック。

なにやら登録画面のようなものが出てきました。(私が登録してあるものは恥ずかしいので消してあります)

「よみ」の列にひらがなで変換をかけるものを、「単語」の列に変換後の文章を入力します。

後はこれをひたすら登録していくだけです。思いつくものはバンバン入れて仕事をラクにしちゃいましょう!





効率アップするとこんなにいいことが

お仕事、特に事務職で仕事の割合が多いタイピング。ブログ記事を書いていても、作業効率を上げることは必須かつ、とても重要です。

だって1時間で1000文字しか書けていなかった人が、2000文字ぶんの仕事量をこなせられれば、30分遊べるんですから。

これがサボるための効率アップをはかる、ということです。便利なリンクも用意しました。是非ご検討ください。

Google 日本語入力 公式

ここまで読んだあなたは明日からスーパー高速キータイプめっちゃ仕事出来るマンになれる!!!!

 

Google IME を使う上での注意点

便利は便利なんですが、共通(共有)パソコンでは不便なこともあるかも知れません。

他人が間違えてタイピングした誤字がそのまま変換候補に表示されたり・・・なんてことも。

それでも、仲間と共有して効率アップをはかるのも大事ですね!

あなたへのおすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です