投資(FX・不労所得)

NZドル/米ドル(NZDUSD)トラリピで不労所得!5分で出来る注文方法

5分で出来るトラリピの準備

トラリピを使って不労所得を得るための準備をします。

手放しでお金が入ってくる・・・。なにかイケナイことをしている気がしますが、れっきとした投資手法の一部です。

安心して取り組んでいきましょう〜

トラリピを設定するための口座をまだ開設していない方は、下の記事から行ってらっしゃい〜

ほったらかし投資トラリピ知ってる?
「トラリピ」の始め方!マネースクエアの口座開設手順と、必要なものチャートに張り付くのはもう古い!? 現代の新しいシステムトレードFXのスタイル、 「トラップリピートイフダン(通称:トラリピ)」...

 

トラリピをするための準備:通貨の設定

米ドルを日本円で売り買いするのが日本人的感覚としては、すごく理解しやすいですが・・・

今回の例では、ニュージーランドドルと米ドルのペア(NZD/USD)を取り扱います。そこにはトラリピを設定するうえで考慮するべき、理由があります。

 

UZD/USDは狭いレンジで上下するトラリピ向けチャート

まずは4年分のチャートを見てみてください。

NZドル/米ドルのチャートNZドル/米ドルのチャート

上がったり下がったりを繰り返していますが、だいたい一定の幅の中で上下しているのがパッと見で分かります。

一方でドル円はというと・・・・。

米ドル/日本円のチャート米ドル/日本円のチャート

幅の中で動いているとはいえませんね。つまり、ドル円はトラリピには不向きということ。

他にもいくつかペアがある中で一番証拠金が少なく、大きな利益が出ているペアがUSD/USDということが分かっています。
参考:NZドル/米ドルのトラリピ設定(外部リンク)

トラリピ向けの通貨ペアなら安心!ということで採用しました。(もちろん急展開もあるかも知れませんので、自己責任で・・・。)

 
行ったり来たりするレンジ相場を選ぶメリットは、必要な証拠金が少なくて済むということ。

10万円の利益を狙うのに150万円必要な場合と、20万円あれば済む場合、どちらがいいかは一目瞭然ですよね。

登録こちらから

マネースクエア

 

NZドル/米ドル トラリピの注文準備

通貨ペアが決まったところで、どんな価格でどんな枚数、どんな注文をするのか?を決めます。

前の記事でも出てきた「トラリピ運用試算表」を使います。使い方は下の記事を参考にしてみてください。

トラリピ運用試算表を使ってみよう
【トラリピ】運用資金はいくらが目安?運用試算表の見方と準備マネースクエアの口座開設、終わりましたか? 不労所得まであと一歩です!! 郵送で届いた書類に書いてあるIDとパスワードを控え...

 
フォームを開きましたか?

下の図を見ながら、「M2JFX らくトラ運用試算表」「らくトラ・対ドル用」「買い新規」となっていることを確認してください。

運用試算表の準備運用試算表の準備

いきなり100万円の運用!!はちょっと厳しいので、新卒の給料一か月分を参考に「20万円」を準備してみます。

その20万円を、無理なく運用するための設定を考えてみましょう。


 
そこで、次にように運用試算表に入力して、計算してみます。

運用試算表の設定運用試算表の設定
運用試算表の結果運用試算表の結果

はい、出ました。

  • NZドル/米ドルのペアを
  • 0.6ドル〜0.7ドルの範囲で。
  • 最大25本、1000通貨の注文を
  • 1本あたり6ドルの利益幅で

注文する設定時の、必要資金などが表示されています。


 
運用試算表における大事なこと、それは失敗に終わってしまう設定パターンの確認です。

図①で説明すると、もしNZD/USDが0.6000ドルまで下がったら、必要な資金は206,976円必要になるということです。

にゃんかず
にゃんかず
20万円の準備だと少し足りないですね・・・。

 
また、(図②)0.5973ドルまで下がってしまうとロスカットされ、資金がなくなってしまいます。

どうして「円」じゃないの?

今対象にしているのは「ニュージーランドドル」と「米ドル」のペアです。
日本円が出てこないので計算が難しいですね?
厳密に言うと、一度米ドルを日本円で買って、その米ドルでニュージーランドドルを買っているという注文をしています。

少し複雑ですが、細かい処理はシステムが勝手にやってくれます!

参考に、「NZD/USD=0.65」となっている時、は
1ニュージーランドドルを0.65ドルで購入する ということになります。

準備資金を20万→60万へ増やしてみると、どうなるでしょうか?

ロスカットの値が 0.5973ドル→0.4521ドル まで下がります。(自分で試算してみてください!)
つまり、耐えられる相場の幅が大きくなるということです。
大きな資金があると余力が得られますが、利益の効率が悪くなります。

登録こちらから

マネースクエア

 

NZドル/米ドル トラリピの注文方法

同じように設定すれば、全員同じ注文が出来ます。

しかし、同じように設定してもトラリピを始めるタイミングが異なると、得られる利益(損益)が異なります。そこだけは注意ですね。

 
まずマネースクエアトップページからログイン。

ログインボタンログインボタン

口座開設したばかりだと「重要なお知らせ」が何件かあるはずです。(私は2件でした)

読み終えないと取引が出来ません。ログイン出来たら、次に進みましょう〜。

ログイン直後ログイン直後

らくトラ クイック」を選択します。

あとは運用試算表で試した通りに順番に入力していきます。スマホで写真をとっておくと便利ですよ!

トラリピの設定1トラリピの設定1
トラリピの設定2トラリピの設定2
トラリピの設定3トラリピの設定3
トラリピの設定4トラリピの設定4

決済トレールは有りか無しか?

もし6ドルの利益幅が出て決済されるタイミングになっても、そのまま保持しておいて反転した時に決済。
相場によっては10ドルにも20ドルにもなりえます。

マネースクエアの動く説明が非常〜〜〜〜にわかりやすかったです。
決済トレールの仕組み(マネースクエア)

個人の好みでOKです。

最後に確認画面が出てくるので、次のようになっているか確認してください。

(逆にもし間違いに気づいたら教えてください・・・。)

トラリピの設定(最終確認)トラリピの設定(最終確認)

バッチリなら注文確定しましょう!お疲れ様でした。

これで明日から不労所得を得られます・・・ウッキウキですね。

 

買い注文を終えたら売り注文も

いまの設定は「安くなったら買い→高くなったら売り」(買いレンジ)の注文設定です。

同様に、「高くなったら売り→安くなったら買い戻し」(売りレンジ)の注文も設定しましょう。

買いレンジと売りレンジ買いレンジと売りレンジ

イメージはこんな感じ。この幅の中でチャートが動き続けている限り、不労所得を得られ続けます。

売りレンジ用の注文設定はさきほど同様、「らくトラ クイック」から下のような結果になるように設定します。

売りレンジトラリピの設定(最終確認)売りレンジトラリピの設定(最終確認)

これで「0.6〜0.7は買い→売り、0.7〜0.8は売り→買い」の注文が終わりました。あとは放置です

 

NZD/USD 設定後のトラリピ実績は?

これからです。

チャートを眺めたざっくり予測では毎月3,000円程度、年間4万円ほどの利益が見込まれます。

20万円を準備して、(仮に)4万円の利益が出たら、年利20%(めちゃくちゃ凄いヤツ)です。ここまで上手くは行かないと思いますが・・・。

 
しかし、一度設定したら数ヶ月〜数年は手放し。時々チャートを見つつ、取引結果を眺めるだけ。

にゃんかず
にゃんかず
ようやく不労所得っぽくなってきましたね・・・!

チャートを眺める理由は一つ。レンジが外れそうになった時に決断する事が必要になります。

それは、ロスカット(強制決済)するか、追加資金を投入するか。しばらくそうならないような設定にはなってるので、恐らく数年先だと思っていますが、結果は誰にも分かりません。

とりあえず私にゃんかずは、このままトラリピを放置して毎月の実績を見ていこうと思っています。

お楽しみに!

登録こちらから

マネースクエア

あなたへのおすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です